2017年度 和歌文学会大会 研究発表者の募集
【急告】和歌文学会第63回大会発表者受付の締切日を6月30日(金)まで延期いたします。
     事務局までふるってご応募ください


2017年度和歌文学会第63回大会は、下記のとおりに行われます。
つきましては、研究発表者を募集いたしますので、ご希望の方は、事務局宛に
郵便もしくは電子メールの添付ファイル(ワード、一太郎、テキスト何れでも可、
アドレス:wakabun.tmgw@gmail.com)にてお申し込みください。

  〈日程〉
   第1日 10月21日(土)公開シンポジウム・懇親会
   第2日 10月22日(日)研究発表会
   第3日 10月23日(月)文学散歩

  〈会場〉
   宮崎市民プラザ
    *宮崎空港・宮崎駅からバスで10分から15分

  〈研究発表の申込要領〉
   ・発表題目、要旨(800字以内)に、住所、氏名(フリガナ)、所属を明記してください。
   ・発表時間は25分、質疑応答は5分です。

    *申込期限 :2017年6月24日(土)【必着】
    *郵便の宛先:〒194-8610 町田市玉川学園6-1-1
            玉川大学 大学教育棟2014 中田幸司研究室内
            和歌文学会事務局
            wakabun.tmgw@gmail.com
大会
▲ pagetop
和歌文学会 7月例会のお知らせ
■日時:2017年7月15日(土)午後1時30分より
■会場:立正大学 品川キャンパス 11号館5階 1151教室
            JR大崎駅・五反田駅から徒歩5分強、東急池上線大崎広小路駅から徒歩1分、
            山手通りに面する「山手通り口」よりすぐ。
            以下のアクセスマップをご参照下さい。
             立正大学アクセスマップ
■研究発表
 1 室町末期の詩歌百首―「亀岡文殊堂奉納詩歌百首」について―
                    慶應義塾大学大学院 川﨑 美穏氏
 2 「毘沙門堂本古今集註」奥書試解
                       文部科学省 舟見 一哉氏
 3 水は括られたのか―在原業平「ちはやぶる神世も聞かず」詠の再検討―
                   日本女子大学(非) 森田 直美氏

  ※研究発表終了後、委員会が開催されます。


和歌文学会 関西7月例会(第124回)のお知らせ
例会
▲ pagetop
和歌文学会 関西7月例会(第124回)のお知らせ
■日時:2017年7月1日(土)午後2時より(午後1時半より受付開始)
*委員会は二人目の発表後に行います。
■会場:奈良女子大学 (奈良市北魚屋東町)N棟202教室
            近鉄奈良駅(1番出口)から徒歩5分。正門からお入り下さい。
            京都から 近鉄京都線で近鉄奈良駅まで特急約35分、急行45分
            難波から 近鉄奈良線(快急・急行)近鉄奈良まで約70分
            大阪から JR大阪環状線(外回り)鶴橋へ、近鉄奈良線(快急・急行)で近鉄奈良まで約50分
■研究発表
 1 「歌合判詞における『あらまほし』考」
                      大阪大学(院) 北島紬氏
 2 『万葉集』禁裏御本のすがた
    ――陽明文庫所蔵「古活字本万葉集」書入による復元の試み
                 奈良女子大学博士研究員 大石真由香氏
 3 歌学書の古筆切―その資料価値
                   愛知淑徳大学(非) 日比野浩信氏
例会
▲ pagetop
【例会】和歌文学会6月例会のお知らせ
■日時:2017年 6月17日(土)13時30分より
■会場:日本女子大学 目白キャンパス 八十年館5階851番教室
     ※今回は目白通南側の新泉山館ではありません。キャンパス中央の八十年館です。ご注意下さい。
     ※JR山手線「目白」駅下車 徒歩:約15分 /バス:約5分
 
       東京メトロ副都心線「雑司が谷」駅下車 徒歩:約8分

       東京メトロ有楽町線「護国寺」駅下車 徒歩:約10分(最寄りの4番出口工事中です)
     ※以下のアクセスマップをご参照下さい。
       http://www.jwu.ac.jp/content/files/grp/access/access_map_mejiro.pdf
■研究発表
 1 『信明集』恋愛歌の物語的配列について
           日本女子大学学術研究員 曾和由記子氏
 2 『和歌一字抄』原撰本の成立 ―鶴見大学図書館蔵清輔奥書本の紹介と考察―
           鶴見大学 伊倉史人氏
 3 慈円の二諦一如についての考察 
           奈良大学 石川 一氏

     ※研究発表終了後、委員会が開催されます。
例会
▲ pagetop
【緊急連絡】和歌文学会6月例会に関する緊急のお知らせ
【緊急連絡】
2017年6月17日(土)13時30分より、日本女子大学目白キャンパスで開催予定の6月例会について緊急のお知らせを申し上げます。
 最初に御発表の予定でした曾和由記子氏が、ウイルス性胃腸炎に罹患し、医師より外出禁止の指示を受けたために、例会を欠席されることとなりました。このことにつきまして、事務局とも相談いたしました結果、予定通り13時半から開始させていただくことになりました。したがいまして、伊倉氏の御発表は13時半よりとなり、その後休憩を挟みまして、石川氏の御発表は15時頃からとなる予定です。委員会の開催も16時過ぎ頃からとなる見通しですので、委員の方はご注意下さい。変更後の発表順は以下の通りです。

 1 『和歌一字抄』原撰本の成立
       ―鶴見大学図書館蔵清輔奥書本の紹介と考察―
                鶴見大学 伊倉史人氏
 2 慈円の二諦一如についての考察 
                奈良大学 石川 一氏
 
 緊急の事態ですので、よろしく御理解と御協力を賜りますよう御願い申し上げます。

                                            例会委員長 佐々木 孝浩
例会
▲ pagetop
【展示等】鶴見大学図書館 第68回貴重書ミニ展示のご案内
鶴見大学図書館 第68回貴重書ミニ展示
藤原清輔の歌書・歌学書

期間:平成29 年6 月13 日( 火) 〜6 月27 日( 火)
     平日 午前8時50分~20時 土曜午前8時50分~18時
     休館日:日曜・祝日
場所:鶴見大学図書館1Fエントランス

【主な展示品】(♦は個人研究室蔵 ♢は個人蔵)
 1 『奥義抄』 袋綴 合4 冊 慶安五年(1652)[京]上村次郎右衛門刊・後印
 2 『和歌一字抄』存下巻 綴葉装 1帖 〔江戸初期〕写
     (参考)『和歌一字抄』(丹鶴叢書本)存上巻 袋綴 1 冊 嘉永6 年(1853)刊 ♢
 3 『和歌現在書目録』(続羣書類従本) 袋綴 1 冊 嘉永四年(1851)刊 ♢
 4 『袋草紙』 袋綴 4 冊 貞享2 年(1685)京 中川茂兵衛・同 中川弥兵衛刊・後印
 5 『和歌初学抄』 袋綴 1 冊 〔江戸中期〕写 志香須賀文庫旧蔵
 6 『和歌初学抄』 綴葉装 1帖 〔江戸中期〕写 川上新一郎旧蔵本
 7 『和歌初学抄』 綴葉装 1帖 〔江戸中期〕写
 8 『暮春白河尚歯会和歌并序』 巻子装 1 軸
       本文:明和5 年(1768)[野田弥兵衛・野田藤八]刊  絵図:肉筆彩色
 9 『右大臣家歌合』 袋綴 1冊 〔江戸中期〕写
10 『六絛家二代和歌集』 袋綴・2 冊 文化11 年(1813)京 吉田四郎右衛門等刊 ♦

展示等
▲ pagetop
【例会】和歌文学会 5月例会のお知らせ
■日時:日時 2017年5月20日(土)午後1時30分より

■会場:学習院大学 北2号館(文学部研究棟)10階 大会議室
     ※JR目白駅改札を出て右手すぐ。北二号館の位置は以下のキャンパスマップを御参照下さい。
       学習院大学キャンパスマップ

■研究発表
 1 『紫式部集』における自己表出 ―宣孝の死をめぐって―
           学習院大学大学院  富永曜子氏
 2 『玄々集』の撰歌意識について
           東京大学大学院  厳教欽氏
 3 『江帥集』の考察 ―登場する人物、及び人物に関わる歌の詠作年次―
           都留文科大学(非)  高野瀬惠子氏

     ※研究発表終了後、委員会が開催されます。




例会
▲ pagetop
【例会】和歌文学会 関西4月例会(第123回)のお知らせ
■日時:日時 2017年4月22日(土)午後2時より(午後1時30分より受付開始)
     *委員会は2人目の発表後に行います。
■会場:立命館大学衣笠キャンパス(京都市北区等持院北町56-1)敬学館(予定)
    ※会場が変更された場合は、本ブログ、HP、MLにてお知らせします。
      衣笠キャンパス案内図「20. 敬学館」
■交通:京都駅から市バス50系統・西日本JRバス「立命館大学前」下車、
      または、市バス205系統「わら天神」下車西へ徒歩15分
     阪急西院駅から市バス205系統「わら天神」下車西へ徒歩15分
     京阪三条駅から市バス12・15・51・59番系統「立命館大学前」下車
      交通アクセス
    ※行楽シーズンのため、市内道路は大変混雑します。余裕をもってお出かけ下さい。

■研究発表
 1 為家七社百首における万葉表現  関西大学(非) 福留瑞美
 2 『伊勢物語』作中歌の解釈
     ―六十五段「在原なりける男」ほか、『古今集』歌との関係をめぐって  圷美奈子
 3 宗祇の『万葉集』享受について
     ―『名所和歌抄出』との関わりから  大谷大学 赤瀬知子

 ※研究発表終了後、懇親会を開催します。

   〒631-8502 奈良市山陵町1500番地
   奈良大学文学部国文学科石川一研究室内 和歌文学会関西例会事務局
   E-mail: ihajime@daibutsu.nara-u.ac.jp



例会
▲ pagetop
【例会】和歌文学会1月例会のお知らせ
和歌文学会1月例会のお知らせ

●日時 2017年1月7日(土) 14:00より 
※開始時刻にご注意ください。

●会場 青山学院大学 11号館3階 1135番教室
JR山手線ほか「渋谷」駅より徒歩10分 東京メトロ銀座線ほか「表参道」駅より徒歩5分

●研究発表
1 連歌の寄合というもの
  青山学院大学(院) 寺尾 麻里氏

2 百首歌としての『千五百番歌合』
  東京大学(院) 岡本光加里氏

3 西行「観心」詠 小考 ―下句「西の山辺」の東密的解釈の可能性について―
  大阪産業大学(非) 但馬 貴則氏

○委員会 13:00より 11号館3階 1130番教室 
※開始時刻にご注意ください。

○新年懇親会 18:00より 
アイビーホール青学会館 アロン 
会費:6000円(学生4000円)
例会
▲ pagetop
【その他】事務局移転に伴う『和歌文学研究』投稿先の変更
事務局の移転に伴いまして『和歌文学研究』の投稿先も変更になりました。
新しい投稿先は下記の通りです。

〒194-8610
町田市玉川学園6-1-1
玉川大学 大学教育棟2014
中田幸司研究室内 和歌文学会事務局
その他
▲ pagetop