【例会】和歌文学会5月例会のお知らせ
和歌文学会5月例会のお知らせです。

■日時:2018年5月19日(土)13時30分より
■会場:中央大学 多摩キャンパス 3号館低層棟3551教室
    *キャンパスマップ  http://www.chuo-u.ac.jp/campusmap/tama/
    *交通アクセス    http://www.chuo-u.ac.jp/access/tama/
      多摩モノレール「中央大学・明星大学駅」直結
      京王動物園線「多摩動物公園駅」から徒歩約10分
      京王相模原線「京王多摩センター駅」下車、バス(13番バス停)で約12分
      小田急多摩線「小田急多摩センター駅」下車、バス(13番バス停)で約12分
      JR中央線『豊田駅』下車、バス(南口のりば)で約15分

■研究発表
1 近世末期における和歌の索引
                  早稲田大学(招聘研究員) 梅田 径氏
2 『応円満院殿御詠歌』について
                  立命館大学        川崎佐知子氏
3 伝清閑寺家幸筆『新古今和歌集』をめぐって
                  鶴見大学(非常勤講師)  石澤一志氏

 *研究発表終了後、委員会が開催されます。
例会
▲ pagetop
【例会】和歌文学会 関西4月例会(第126回)のお知らせ(続報)


 4月21日(土)、龍谷大学(大宮キャンパス)で開催されるシンポジウム「『百人一首』の世界」におけるパネラーの先生方の発表題目が決まりましたので、お知らせします。

 《パネラー・発表題目》
  ・徳原茂実氏(武庫川女子大学・名) 「百人一首は、いつ、何のために作られたか」
  ・長谷川千尋氏(京都大学)     「『百人一首』古注釈の諸相 ―常縁、宗祇、冷泉流―」
  ・名児耶明氏(五島美術館)     「定家様と小倉色紙」 

     ・司会進行    赤瀬信吾氏(京都府立大学・名)
     ・コメンテーター 小山順子氏(京都女子大学)



■日時:2018年4月21日(土)午後1時30分より(午後1時より受付開始)
       *委員会は例会開催前の午後0時30分より行います(東黌2階演習室)。
■会場:龍谷大学 大宮キャンパス 東黌3階301教室
      京都市下京区七条通大宮東入大工町125-1
 JR「京都」駅から 徒歩は、北西方面へ約10分(七条通に出て西へ)
          市バスは、「京都駅前」乗車、「七条大宮・京都水族館前」下車(約7分)

 阪急電車「大宮」駅から 徒歩は、大宮通を南へ約20分
             市バスは、「四条大宮」乗車、「七条大宮・京都水族館前」下車(約8分)

  ※研究発表終了後、懇親会を開催します。
  ※なお、公式の企画ではありませんが、当日の例会開催前に、小田剛氏による史跡めぐり
  「『源氏物語』の舞台を歩く」が企画されています。
   詳細につきましては、小田剛氏に直接お問い合わせください。

   〒631-8502
    奈良市山陵町1500番地
    奈良大学文学部国文学科石川一研究室内
    和歌文学会関西例会事務局
    E-mail: ihajime☆daibutsu.nara-u.ac.jp  ※☆を@に変えてください。
例会
▲ pagetop
【例会】和歌文学会関西4月例会(第126回)のお知らせ
和歌文学会関西4月例会(第126回)のお知らせです。

■日時:2018年4月21日(土)午後1時30分より(午後1時より受付開始)
  *委員会は例会開催前の午後0時30分より行います(東黌2階演習室)。

■会場:龍谷大学 大宮キャンパス 東黌3階301教室
     京都市下京区七条通大宮東入大工町125-1

JR「京都」駅から 
徒歩は、北西方面へ約10分(七条通に出て西へ)
市バスは、「京都駅前」乗車、「七条大宮・京都水族館前」下車(約7分)

阪急電車「大宮」駅から 
徒歩は、大宮通を南へ約20分
市バスは、「四条大宮」乗車、「七条大宮・京都水族館前」下車(約8分)

■シンポジウム「『百人一首』の世界」
 ・司会進行 赤瀬信吾(京都府立大学・名)
 ・パネラー 徳原茂実(武庫川女子大学・名)
       長谷川千尋(京都大学)
       名児耶明(五島美術館)
 ・コメンテーター 小山順子(国文学研究資料館)

  ※研究発表終了後、懇親会を開催します。
  ※なお、公式の企画ではありませんが、当日の例会開催前に、小田剛氏による史跡めぐり
   「『源氏物語』の舞台を歩く」が企画されています。詳細につきましては、小田剛氏に
   直接お問い合わせください。

    〒631-8502
    奈良市山陵町1500番地
    奈良大学文学部国文学科石川一研究室内
    和歌文学会関西例会事務局
    E-mail: ihajime☆daibutsu.nara-u.ac.jp ※☆を@に変えてください。
例会
▲ pagetop
【例会】和歌文学会12月例会のお知らせ
和歌文学会12月例会のお知らせです。

和歌文学会・仏教文学会・説話文学会合同特別例会
《シンポジウム》「中世古今集注釈とテクスト・信仰・学問」

■日時:2017年12月16日(土)14:00より
    *通常の例会と開始時間が異なりますのでご注意下さい。

■会場:早稲田大学 戸山キャンパス 36号館 382番教室
     JR山手線・西武新宿線 高田馬場駅から徒歩20分・地下鉄東京メトロ東西線 早稲田駅から徒歩3分
     副都心線 西早稲田駅から徒歩12分・学バス 高田馬場駅―早大正門、馬場下町バス停
  *以下のアクセスマップ並びにキャンパスマップをご参照下さい。
    https://www.waseda.jp/top/access/toyama-campus
    https://www.waseda.jp/top/assets/uploads/2016/10/20161020toyama_campus_map.pdf

■研究発表
1 譬喩と古今注 ―為顕流・宗祇流―       石神秀美氏

2 『玉伝深秘巻』の宗教的基盤と神祇書への展開
         慶應義塾大学附属研究所斯道文庫 高橋悠介氏

3 吉田神道と『古今和歌集』註釈一斑
    ―『古今和歌集』註釈史と中世後期・ 近世前期学問史の一隅をめぐって―
       国際日本文化研究センター共同研究員 野上潤一氏

      コーディネーター  国文学研究資料館 海野圭介氏
      ディスカサント   慶應義塾大学   小川剛生氏
                茨城大学     伊藤 聡氏

 ※発表要旨はこちらをご参照下さい。合同例会要旨

*当初の案内文の内容に一部誤りがありました。発表者、会員の皆様には謹んでお詫び申し上げます。

 ※シンボジウム開催前の13時から委員会が開催されます。
   会場:36号館582教室(シンポジウム会場建物2階上)
    *通常の委員会の開始時間と異なりますのでご注意下さい。

■資料展示
 「古今注関連資料展観」
   会場:38号館 戸山図書館内展示ケースにて
   時間:9:00-22:00

■懇親会
   会場:38号館 戸山カフェテリア
   時間:18:00-20:00
   会費:3,000円
     *来年1月例会新年会の代わりとなるものですので、奮ってご参加下さい。

             
例会
▲ pagetop
【例会】和歌文学会11月例会のお知らせ
和歌文学会11月例会のお知らせ

■日時:2017年11月18日(土)13時30分より
■会場:慶應義塾大学 三田キャンパス 西校舎1階 517番教室
   田町駅(JR山手線/JR京浜東北線)徒歩8分、三田駅(都営地下鉄浅草線/都営地下鉄三田線)徒歩7分、
   赤羽橋駅(都営地下鉄大江戸線)徒歩8分
   以下のアクセスマップをご参照下さい。
        https://www.keio.ac.jp/ja/maps/mita.html

■研究発表
 1 文明十四年将軍家千首について ―足利義尚歌壇の一側面―
                    慶應義塾大学大学院   川上 一氏
 2 1 香川景樹と近代歌人、2「桂園一枝講義」口語訳解
                       西湘高等学校   鈴木 篤氏
 3 連歌作品中の難訓語のよみ ―新編国歌大観・私家集大成のよみにも触れて―
                  青山学院大学(名誉教授)  廣木一人氏

  ※研究発表終了後、委員会が開催されます。
例会
▲ pagetop
和歌文学会 7月例会のお知らせ
■日時:2017年7月15日(土)午後1時30分より
■会場:立正大学 品川キャンパス 11号館5階 1151教室
            JR大崎駅・五反田駅から徒歩5分強、東急池上線大崎広小路駅から徒歩1分、
            山手通りに面する「山手通り口」よりすぐ。
            以下のアクセスマップをご参照下さい。
             立正大学アクセスマップ
■研究発表
 1 室町末期の詩歌百首―「亀岡文殊堂奉納詩歌百首」について―
                    慶應義塾大学大学院 川﨑 美穏氏
 2 「毘沙門堂本古今集註」奥書試解
                       文部科学省 舟見 一哉氏
 3 水は括られたのか―在原業平「ちはやぶる神世も聞かず」詠の再検討―
                   日本女子大学(非) 森田 直美氏

  ※研究発表終了後、委員会が開催されます。


和歌文学会 関西7月例会(第124回)のお知らせ
例会
▲ pagetop
和歌文学会 関西7月例会(第124回)のお知らせ
■日時:2017年7月1日(土)午後2時より(午後1時半より受付開始)
*委員会は二人目の発表後に行います。
■会場:奈良女子大学 (奈良市北魚屋東町)N棟202教室
            近鉄奈良駅(1番出口)から徒歩5分。正門からお入り下さい。
            京都から 近鉄京都線で近鉄奈良駅まで特急約35分、急行45分
            難波から 近鉄奈良線(快急・急行)近鉄奈良まで約70分
            大阪から JR大阪環状線(外回り)鶴橋へ、近鉄奈良線(快急・急行)で近鉄奈良まで約50分
■研究発表
 1 「歌合判詞における『あらまほし』考」
                      大阪大学(院) 北島紬氏
 2 『万葉集』禁裏御本のすがた
    ――陽明文庫所蔵「古活字本万葉集」書入による復元の試み
                 奈良女子大学博士研究員 大石真由香氏
 3 歌学書の古筆切―その資料価値
                   愛知淑徳大学(非) 日比野浩信氏
例会
▲ pagetop
【例会】和歌文学会6月例会のお知らせ
■日時:2017年 6月17日(土)13時30分より
■会場:日本女子大学 目白キャンパス 八十年館5階851番教室
     ※今回は目白通南側の新泉山館ではありません。キャンパス中央の八十年館です。ご注意下さい。
     ※JR山手線「目白」駅下車 徒歩:約15分 /バス:約5分
 
       東京メトロ副都心線「雑司が谷」駅下車 徒歩:約8分

       東京メトロ有楽町線「護国寺」駅下車 徒歩:約10分(最寄りの4番出口工事中です)
     ※以下のアクセスマップをご参照下さい。
       http://www.jwu.ac.jp/content/files/grp/access/access_map_mejiro.pdf
■研究発表
 1 『信明集』恋愛歌の物語的配列について
           日本女子大学学術研究員 曾和由記子氏
 2 『和歌一字抄』原撰本の成立 ―鶴見大学図書館蔵清輔奥書本の紹介と考察―
           鶴見大学 伊倉史人氏
 3 慈円の二諦一如についての考察 
           奈良大学 石川 一氏

     ※研究発表終了後、委員会が開催されます。
例会
▲ pagetop
【緊急連絡】和歌文学会6月例会に関する緊急のお知らせ
【緊急連絡】
2017年6月17日(土)13時30分より、日本女子大学目白キャンパスで開催予定の6月例会について緊急のお知らせを申し上げます。
 最初に御発表の予定でした曾和由記子氏が、ウイルス性胃腸炎に罹患し、医師より外出禁止の指示を受けたために、例会を欠席されることとなりました。このことにつきまして、事務局とも相談いたしました結果、予定通り13時半から開始させていただくことになりました。したがいまして、伊倉氏の御発表は13時半よりとなり、その後休憩を挟みまして、石川氏の御発表は15時頃からとなる予定です。委員会の開催も16時過ぎ頃からとなる見通しですので、委員の方はご注意下さい。変更後の発表順は以下の通りです。

 1 『和歌一字抄』原撰本の成立
       ―鶴見大学図書館蔵清輔奥書本の紹介と考察―
                鶴見大学 伊倉史人氏
 2 慈円の二諦一如についての考察 
                奈良大学 石川 一氏
 
 緊急の事態ですので、よろしく御理解と御協力を賜りますよう御願い申し上げます。

                                            例会委員長 佐々木 孝浩
例会
▲ pagetop
【例会】和歌文学会 5月例会のお知らせ
■日時:日時 2017年5月20日(土)午後1時30分より

■会場:学習院大学 北2号館(文学部研究棟)10階 大会議室
     ※JR目白駅改札を出て右手すぐ。北二号館の位置は以下のキャンパスマップを御参照下さい。
       学習院大学キャンパスマップ

■研究発表
 1 『紫式部集』における自己表出 ―宣孝の死をめぐって―
           学習院大学大学院  富永曜子氏
 2 『玄々集』の撰歌意識について
           東京大学大学院  厳教欽氏
 3 『江帥集』の考察 ―登場する人物、及び人物に関わる歌の詠作年次―
           都留文科大学(非)  高野瀬惠子氏

     ※研究発表終了後、委員会が開催されます。




例会
▲ pagetop