FC2ブログ
【例会】和歌文学会11月例会のお知らせ


■日時:2018年11月17日(土)13時30分より

■会場:二松學舎大学 九段キャンパス 4号館 4061教室
      東京メトロ東西線・半蔵門線・都営新宿線九段下駅徒歩15分。
      2番出口を出て坂道を直進し、信号を2度渡った後、3つめの建物。宝来屋本店(和菓子)の一つ先。
      大学本部のある1号館、靖国神社前の交差点にある3号館とは異なりますので、御注意下さい。
      詳しくは以下をご参照下さい。
        https://www.nishogakusha-u.ac.jp/about/campus/a7.html 

■研究発表
1 古今集和歌年代区分論についての再考
       武蔵大学大学院        小橋龍人氏

2 『高光集』はどう読めるか ―冷泉家時雨亭文庫蔵唐草装飾本を底本にして― 
       早稲田大学大学院       牛山睦子氏

3 御裳濯河歌合』『宮河歌合』無刊記板本考
       二松學舍大学         五月女肇志氏

*研究発表終了後、委員会が開催されます。

  〒194-8610 町田市玉川学園6-1-1
  玉川大学 大学教育棟2014 中田幸司研究室内
  和歌文学会事務局  http://wakabun.jp
例会
▲ pagetop
【急告】関西7月例会の中止のお知らせ

近畿地方の記録的な大雨により、7月7日(土)に予定されていた第127回関西例会は中止となりました。
会員の皆様には、ご注意ください。
なお、今後の予定につきましては現時点では未定です。
例会
▲ pagetop
【例会】和歌文学会関西7月例会(第127回)のお知らせ
和歌文学会関西7月例会(第127回)のお知らせです。

■日時:2018年7月7日(土)午後2時より(午後1時半より受付開始)
      *委員会は二人目の発表後に行います。
■会場:神戸女学院大学(兵庫県西宮市岡田山4-1) 文学館L-28
      阪急今津線門戸厄神駅から徒歩12分 https://www.kobe-c.ac.jp/access
      タクシーご利用の場合は西宮北口駅北改札出口(北西口)が便利です。
      乗降場所は西門を上がった所となります。

■研究発表
1 徳大寺実淳の古今伝受 
       中京大学       小髙道子氏
2 戦国織豊期、古今伝受の諸様相
       帝塚山学院大学(名) 鶴﨑裕雄氏
3 藤原定家最晩年の感懐 ―『名号七字十題和歌』の述懐歌から
       早稲田大学      兼築信行氏


  ※研究発表終了後、懇親会を開催します。

   〒631-8502
    奈良市山陵町1500番地
    奈良大学文学部国文学科石川一研究室内
    和歌文学会関西例会事務局
    E-mail: ihajime☆daibutsu.nara-u.ac.jp  ※☆を@に変えてください。
例会
▲ pagetop
【例会】和歌文学会7月例会のお知らせ
和歌文学会7月例会のお知らせです。

■日時 2018年7月21日(土)13時30分より
■会場 駒澤大学 駒沢キャンパス 種月館(3号館)3-207教室
     キャンパスマップ https://www.komazawa-u.ac.jp/facilities/files/20180320koma_facility01.jpg
     交通アクセス   https://www.komazawa-u.ac.jp/access/ 
      東急田園都市線駒沢大学駅(渋谷駅より準急・各駅停車を利用で約7分・駒沢公園口出口から徒歩約10分)

■研究発表
1 『千五百番歌合』の和歌を引用する判詞
                東京大学大学院        岡本 光加里氏
2 香川景樹「事につき時にふれたる」歌の構造と特質 ―桂園一枝を中心にして―
                駒澤大学(非常勤講師)    伊藤 達氏氏
3 家隆の家集について・続 ―奥書・成立・諸本―
                文部科学省          舟見 一哉氏

 *研究発表終了後、委員会が開催されます。
例会
▲ pagetop
【例会】和歌文学会6月例会のお知らせ
和歌文学会6月例会のお知らせです。

■日時 2018年6月16日(土)13時30分より
■会場 大正大学 10号館 1021教室 
     キャンパスマップ https://www.tais.ac.jp/campusmap/
     交通アクセス   https://www.tais.ac.jp/utility/access_map/
       都営地下鉄三田線西巣鴨駅下車 徒歩2分
       JR埼京線板橋駅東口下車 徒歩10分
       都電荒川線庚申塚駅又は新庚申塚駅下車 徒歩7分
       池袋駅東口から都バス 堀割バス停下車 徒歩2分
          6番乗り場 西新井駅前行き・北車庫前行き・新田一丁目行き
          7番乗り場 浅草雷門南行き
         12番乗り場 とげぬき地蔵前行き
         13番乗り場 浅草寿町行き

■研究発表
1 『源氏物語』の贈答歌における返歌の形式―三代集との比較を通して―
                東京大学大学院         北原 圭一郎氏
2  室町期における制詞の新展開―身分と表現の問題をめぐって―
                国文学研究資料館(機関研究員) 舘野 文昭氏
3 「為尹千首」諸本について―穂久邇文庫蔵本の紹介を中心に―
                日本大学(非常勤講師)     鹿野 しのぶ氏

 *研究発表終了後、委員会が開催されます。
例会
▲ pagetop
【例会】和歌文学会5月例会のお知らせ
和歌文学会5月例会のお知らせです。

■日時:2018年5月19日(土)13時30分より
■会場:中央大学 多摩キャンパス 3号館低層棟3551教室
    *キャンパスマップ  http://www.chuo-u.ac.jp/campusmap/tama/
    *交通アクセス    http://www.chuo-u.ac.jp/access/tama/
      多摩モノレール「中央大学・明星大学駅」直結
      京王動物園線「多摩動物公園駅」から徒歩約10分
      京王相模原線「京王多摩センター駅」下車、バス(13番バス停)で約12分
      小田急多摩線「小田急多摩センター駅」下車、バス(13番バス停)で約12分
      JR中央線『豊田駅』下車、バス(南口のりば)で約15分

■研究発表
1 近世末期における和歌の索引
                  早稲田大学(招聘研究員) 梅田 径氏
2 『応円満院殿御詠歌』について
                  立命館大学        川崎佐知子氏
3 伝清閑寺家幸筆『新古今和歌集』をめぐって
                  鶴見大学(非常勤講師)  石澤一志氏

 *研究発表終了後、委員会が開催されます。
例会
▲ pagetop
【例会】和歌文学会 関西4月例会(第126回)のお知らせ(続報)


 4月21日(土)、龍谷大学(大宮キャンパス)で開催されるシンポジウム「『百人一首』の世界」におけるパネラーの先生方の発表題目が決まりましたので、お知らせします。

 《パネラー・発表題目》
  ・徳原茂実氏(武庫川女子大学・名) 「百人一首は、いつ、何のために作られたか」
  ・長谷川千尋氏(京都大学)     「『百人一首』古注釈の諸相 ―常縁、宗祇、冷泉流―」
  ・名児耶明氏(五島美術館)     「定家様と小倉色紙」 

     ・司会進行    赤瀬信吾氏(京都府立大学・名)
     ・コメンテーター 小山順子氏(京都女子大学)



■日時:2018年4月21日(土)午後1時30分より(午後1時より受付開始)
       *委員会は例会開催前の午後0時30分より行います(東黌2階演習室)。
■会場:龍谷大学 大宮キャンパス 東黌3階301教室
      京都市下京区七条通大宮東入大工町125-1
 JR「京都」駅から 徒歩は、北西方面へ約10分(七条通に出て西へ)
          市バスは、「京都駅前」乗車、「七条大宮・京都水族館前」下車(約7分)

 阪急電車「大宮」駅から 徒歩は、大宮通を南へ約20分
             市バスは、「四条大宮」乗車、「七条大宮・京都水族館前」下車(約8分)

  ※研究発表終了後、懇親会を開催します。
  ※なお、公式の企画ではありませんが、当日の例会開催前に、小田剛氏による史跡めぐり
  「『源氏物語』の舞台を歩く」が企画されています。
   詳細につきましては、小田剛氏に直接お問い合わせください。

   〒631-8502
    奈良市山陵町1500番地
    奈良大学文学部国文学科石川一研究室内
    和歌文学会関西例会事務局
    E-mail: ihajime☆daibutsu.nara-u.ac.jp  ※☆を@に変えてください。
例会
▲ pagetop
【例会】和歌文学会関西4月例会(第126回)のお知らせ
和歌文学会関西4月例会(第126回)のお知らせです。

■日時:2018年4月21日(土)午後1時30分より(午後1時より受付開始)
  *委員会は例会開催前の午後0時30分より行います(東黌2階演習室)。

■会場:龍谷大学 大宮キャンパス 東黌3階301教室
     京都市下京区七条通大宮東入大工町125-1

JR「京都」駅から 
徒歩は、北西方面へ約10分(七条通に出て西へ)
市バスは、「京都駅前」乗車、「七条大宮・京都水族館前」下車(約7分)

阪急電車「大宮」駅から 
徒歩は、大宮通を南へ約20分
市バスは、「四条大宮」乗車、「七条大宮・京都水族館前」下車(約8分)

■シンポジウム「『百人一首』の世界」
 ・司会進行 赤瀬信吾(京都府立大学・名)
 ・パネラー 徳原茂実(武庫川女子大学・名)
       長谷川千尋(京都大学)
       名児耶明(五島美術館)
 ・コメンテーター 小山順子(国文学研究資料館)

  ※研究発表終了後、懇親会を開催します。
  ※なお、公式の企画ではありませんが、当日の例会開催前に、小田剛氏による史跡めぐり
   「『源氏物語』の舞台を歩く」が企画されています。詳細につきましては、小田剛氏に
   直接お問い合わせください。

    〒631-8502
    奈良市山陵町1500番地
    奈良大学文学部国文学科石川一研究室内
    和歌文学会関西例会事務局
    E-mail: ihajime☆daibutsu.nara-u.ac.jp ※☆を@に変えてください。
例会
▲ pagetop
【例会】和歌文学会12月例会のお知らせ
和歌文学会12月例会のお知らせです。

和歌文学会・仏教文学会・説話文学会合同特別例会
《シンポジウム》「中世古今集注釈とテクスト・信仰・学問」

■日時:2017年12月16日(土)14:00より
    *通常の例会と開始時間が異なりますのでご注意下さい。

■会場:早稲田大学 戸山キャンパス 36号館 382番教室
     JR山手線・西武新宿線 高田馬場駅から徒歩20分・地下鉄東京メトロ東西線 早稲田駅から徒歩3分
     副都心線 西早稲田駅から徒歩12分・学バス 高田馬場駅―早大正門、馬場下町バス停
  *以下のアクセスマップ並びにキャンパスマップをご参照下さい。
    https://www.waseda.jp/top/access/toyama-campus
    https://www.waseda.jp/top/assets/uploads/2016/10/20161020toyama_campus_map.pdf

■研究発表
1 譬喩と古今注 ―為顕流・宗祇流―       石神秀美氏

2 『玉伝深秘巻』の宗教的基盤と神祇書への展開
         慶應義塾大学附属研究所斯道文庫 高橋悠介氏

3 吉田神道と『古今和歌集』註釈一斑
    ―『古今和歌集』註釈史と中世後期・ 近世前期学問史の一隅をめぐって―
       国際日本文化研究センター共同研究員 野上潤一氏

      コーディネーター  国文学研究資料館 海野圭介氏
      ディスカサント   慶應義塾大学   小川剛生氏
                茨城大学     伊藤 聡氏

 ※発表要旨はこちらをご参照下さい。合同例会要旨

*当初の案内文の内容に一部誤りがありました。発表者、会員の皆様には謹んでお詫び申し上げます。

 ※シンボジウム開催前の13時から委員会が開催されます。
   会場:36号館582教室(シンポジウム会場建物2階上)
    *通常の委員会の開始時間と異なりますのでご注意下さい。

■資料展示
 「古今注関連資料展観」
   会場:38号館 戸山図書館内展示ケースにて
   時間:9:00-22:00

■懇親会
   会場:38号館 戸山カフェテリア
   時間:18:00-20:00
   会費:3,000円
     *来年1月例会新年会の代わりとなるものですので、奮ってご参加下さい。

             
例会
▲ pagetop
【例会】和歌文学会11月例会のお知らせ
和歌文学会11月例会のお知らせ

■日時:2017年11月18日(土)13時30分より
■会場:慶應義塾大学 三田キャンパス 西校舎1階 517番教室
   田町駅(JR山手線/JR京浜東北線)徒歩8分、三田駅(都営地下鉄浅草線/都営地下鉄三田線)徒歩7分、
   赤羽橋駅(都営地下鉄大江戸線)徒歩8分
   以下のアクセスマップをご参照下さい。
        https://www.keio.ac.jp/ja/maps/mita.html

■研究発表
 1 文明十四年将軍家千首について ―足利義尚歌壇の一側面―
                    慶應義塾大学大学院   川上 一氏
 2 1 香川景樹と近代歌人、2「桂園一枝講義」口語訳解
                       西湘高等学校   鈴木 篤氏
 3 連歌作品中の難訓語のよみ ―新編国歌大観・私家集大成のよみにも触れて―
                  青山学院大学(名誉教授)  廣木一人氏

  ※研究発表終了後、委員会が開催されます。
例会
▲ pagetop