FC2ブログ
【新著紹介】『院政期和歌文学の基層と周縁』『奥義抄古鈔本集成』『源氏物語 本文研究の可能性』



佐藤明浩 著『院政期和歌文学の基層と周縁』
(2020年2月、定価:17,600円、和泉書院)
詳細


藏中さやか/黒田彰子/中村文 編『奥義抄古鈔本集成』
(2020年2月、定価:19,800円、和泉書院)
詳細


中古文学会関西部会 編 岡嶌偉久子/加藤洋介/新美哲彦/上野英子/久保木秀夫/横井孝 著『源氏物語 本文研究の可能性』
(2020年4月、定価:8,800円、和泉書院)
詳細



新著紹介
▲ pagetop
【新著紹介】『十市遠忠和歌典籍の研究』




武井和人『十市遠忠和歌典籍の研究』資料篇上、資料篇下、研究篇
(2020年2月、定価:38,000円、武蔵野書院)
詳細





新著紹介
▲ pagetop
【新著紹介】『源実朝 虚実を越えて』『二条良基』



渡部泰明 編『源実朝 虚実を越えて』
(2019年12月、定価:3,080円、勉誠出版 アジア遊学241)
詳細


小川剛生 著『二条良基』
(2020年1月、定価:2,640円、吉川弘文館 人物叢書302)
詳細


新著紹介
▲ pagetop
【新著紹介】『中世歌題集成書の研究』



藏中さやか 著『中世歌題集成書の研究』
(2020年3月、定価:10,780円、青簡舎)
詳細


新著紹介
▲ pagetop
【新著紹介】『仙洞句題五十首・水無瀬殿恋十五首歌合 全注釈』『幕末明治の社会変容と詩歌』『明治の教養 変容する〈和〉〈漢〉〈洋〉』


石川一 編『仙洞句題五十首・水無瀬殿恋十五首歌合 全注釈』
(2020年3月、定価:11,000円、勉誠出版)
詳細


青山英正 著『幕末明治の社会変容と詩歌』
(2020年2月、定価:11,000円、勉強出版)
詳細


鈴木健一 編『明治の教養 変容する〈和〉〈漢〉〈洋〉』
(2020年1月、定価:8,250円、勉誠出版)
詳細
新著紹介
▲ pagetop
【新著紹介】拾遺和歌集論攷
中周子著『拾遺和歌集論攷』
和泉書院、平成27年3月20日発行、10000円(税別)
(詳細)
新著紹介
▲ pagetop
【新著紹介】『和歌研究 附、雅楽小論』(岩佐美代子セレクション2)
岩佐美代子著『和歌研究 附、雅楽小論』
(岩佐美代子セレクション2)
笠間書院、2015年3月25日発行、12000円(税別)
(詳細)
新著紹介
▲ pagetop
【新著紹介】『枕草子・源氏物語・日記研究』(岩佐美代子セレクション1)
岩佐美代子著『枕草子・源氏物語・日記研究』
(岩佐美代子セレクション1)
笠間書院、2015年3月25日発行、10000円(税別)
(詳細)
新著紹介
▲ pagetop
【新著紹介】後鳥羽院和歌論
寺島恒世著『後鳥羽院和歌論』
笠間書院、2015年2月25日発行、16000円(税別)
(詳細)
新著紹介
▲ pagetop
【新著紹介】和歌のルール
渡部泰明氏編・和歌文学会監修『和歌のルール』
笠間書院、2014年11月発行、1,200円(税別)
(詳細) 
 
新著紹介
▲ pagetop