FC2ブログ
【新着】和歌文学会第67回大会開催連携 第11回愛知県立大学所蔵貴重書展示 「和歌の世界」のお知らせ


和歌文学会第67回大会開催連携
第11回愛知県立大学所蔵貴重書展示 「和歌の世界」のお知らせ

日程:令和3年9月10日(金)~10月28日(木)
場所:長久手キャンパス図書館ホームページ

こちらです

和歌文学会第67回大会の開催に合わせ、開催協力校である本学が所蔵する貴重書の中から、和歌の魅力に触れることができる資料をWeb上で展示します。ぜひご覧ください。


大会
▲ pagetop
【大会】大会に関連する書籍割引販売のお知らせ(会員限定)

和泉書院

大阪大学出版会

風間書房

花鳥社

漢字情報システム

汲古書院

古典ライブラリー

新典社

塙書房

勉誠出版

文学通信

武蔵野書院

三弥井書店

八木書店

臨川書店

大会
▲ pagetop
【大会】令和3年度和歌文学会第67回大会

和歌文学会第67回大会ポスター


■令和3年度和歌文学会第67回大会は、9月19日(日)にオンライン方式(Zoomウェビナー形式)で開催いたします。この大会ページの参加申し込みフォームから、参加をお申し込みください。
和歌文学会員以外の方も、講演・対談・研究発表に参加できます。

■大会参加申し込み(9月5日(日)必着)
下記
https://docs.google.com/forms/d/1UJY_8Upub0dfVuFvfuDsQtMhj2eCzNyYg3Nga1POBIQ/edit?usp=sharing
にアクセスして、参加申し込みフォームから9月5日(日)必着でお申し込みください。
会員の方で、それが難しい方は、大会案内に同封の大会に関するご案内をご覧ください。

申し込みをされると、フォームご登録のメールアドレスに折り返し申し込み内容画面が送信されます。送信された画面は確認用で返信はできませんが、訂正がある際には再登録にお使いになることも可能です。

申し込まれた方には、申し込み締め切り後、大会三日前を目途に、メールまたはFAX・郵送でご案内をお送りします。

■大会日程
ミーティングルーム開場 9:30〜

大会
10:00 開会
10:05 開会挨拶                  愛知県立大学学長  久冨木原 玲

講演・対談の部
10:15〜11:15 講演  歌を読む        東京大学名誉教授  久保田 淳
   休憩
11:30〜12:30 対談  ローズバッドを探して 東京大学名誉教授  久保田 淳
                              国文学研究資料館長 渡部 泰明
   昼休憩

研究発表の部
13:30〜15:40 研究発表会
 1 和歌における同音異義表現の物象と人事との間の関連性について
                     早稲田大学高等研究所  フィットレル・アーロン
 
 2 『袋草紙』上巻・雑談「歌への不審に答えない」事例に関する考察
   ―特に「岩(言は)」ざる歌の類型と「映る月」の表象をめぐって―
                    鹿島文庫 日本文学研究室(研)   圷 美奈子
   休憩
 
 3 藤原定家自筆『御室五十首』春部草稿と守覚法親王添巻の再出現
                    早稲田大学(非)・国文学研究資料館(研) 金子 英和

15:40 閉会挨拶     代表委員  吉野 朋美

総会
15:50〜16:30 総会
■講演・対談・研究発表要旨 詳しくはこちらから→

大会ポスターはこちらから→

大会
▲ pagetop
【大会】令和三(2021)年度 和歌文学会第67回大会研究発表者の募集

和歌文学会第67回大会は、下記のとおりに行われます。つきましては、研究発表者を募集いたしますので、ご希望の方は事務局宛に郵便(データをUSBメモリ、CD-ROM等の媒体で併せて提出)、または電子メールの添付ファイル(形式はテキスト、ワード、一太郎何れも可、アドレスwakabun*tamacc.chuo-u.ac.jp *を@に変えてください)にてお申し込みください。

〈日程〉9月19日(日)午前・講演会 午後・研究発表

〈開催方法〉Web会議システムでのオンライン(Zoom)方式

〈開催協力校(会場校)〉 愛知県立大学

〈研究発表の申込要領〉
*発表題目、要旨(800字以内)に、住所、氏名(フリガナ)、所属を明記してください。
*発表時間は25分、質疑応答は5分です。発表はリアルタイム・事前録画いずれも可。
ただし、質疑応答はリアルタイムで行います。また、リアルタイムでの発表の場合、リスク回避のため事前の録画もお願いします(事前録画が困難な場合は事務局にご相談ください)。

※申込期限 令和3年7月7日(水)必着

※宛先
〒192-0393 東京都八王子市東中野742-1
中央大学文学部 吉野朋美研究室内
和歌文学会事務局

大会
▲ pagetop
和歌文学会第66回大会は中止といたします。

和歌文学会会員の皆さま



11月21日(土)・22日(日)に開催予定の和歌文学会第66回大会は、

新型コロナウイルスに関わる状況を考慮し、中止といたします。

参加申込みの方には、後日資料等を郵送させていただきます。



和歌文学会事務局・鶴見大学
大会
▲ pagetop
令和2年度和歌文学会 第66回大会日程


【お知らせ】
新型コロナウィルスに関わる状況を考慮し、本大会は左記の通りといたします。
ご理解のほど、お願い申し上げます。
一、講演会、研究発表会共に、参加は葉書にて事前申し込みされた和歌文学会会員に
限らせていただきます。
一、一般の方の会場への入場はできません。
一、第1日の懇親会、第2日の昼食のご提供を共に中止とさせていただきます。
第2日にご参加の方はご注意ください。


■日時:令和2年(2020)11月21日(土)・22日(日)

■会場:鶴見大学

■《第1日》11月21日(土)
 *委員会 12:00-13:00
   会場 鶴見大学記念館(2階)第一講堂
   ※委員の方は昼食を済ませてご参集ください。

 *講演会(受付開始 11:50)
   会場:鶴見大学記念館(地下2・3階)記念ホール

  開会の挨拶(13:10) 鶴見大学
  講演(13:20~17:00)
  望郷の歌―『平家物語』の一側面をうかがう―
     駒澤大学教授 櫻井 陽子

  中国文学から見た和歌の位相
     京都大学名誉教授 金 文京

  散文における贈答歌―贈歌論構築のために―
     日本女子大学名誉教授 高野 晴代


■《第2日》11月22日(日)
 *研究発表会(受付開始 10:00)
   会場:鶴見大学記念館(地下2・3階)記念ホール

(午前の部10:30~12:00)
  1 禁裏着到和歌の成立―室町和歌史一端―
      慶應義塾大学(院) 川上 一

  2 『雲玉和歌抄』の編者衲叟馴窓の輪郭―前半生を中心に―
      東京外国語大学(院) 二階 健次

  昼休憩(12:00~13:00)

(午後の部13:00~14:30)
  3 惟明親王の古歌摂取の方法―『千五百番歌合』の四季歌を中心として―
      広島大学(院) 北原 沙友里

  4 『尊守・知心歌合』の新出断簡をめぐって
      早稲田大学 兼築 信行

 *総 会(14:40~15:30)

  閉会の挨拶                             代表委員

  ※大会中、委員選挙を行います(投票時間:第1日 11:50~第2日 11:50)。


  対面形式の大会は中止となりましたが、講演・研究発表は、資料集を以て行われたものとします。
  
                 和歌文学会




大会
▲ pagetop
【大会】和歌文学会第66回大会

和歌文学会会員の皆さま


本年度の、和歌文学会第66回大会は、下記のとおりに予定しております。

ただし、新型コロナウイルスに関わる状況により、会場校と事務局の判断で中止となることがあります。

その場合には、ただちにお知らせいたします。

日程 11月21日(土)13:10~17:00 講演会

    11月22日(日)10:30~15:30 研究発表、総会

場所 鶴見大学記念館記念ホール

(和歌文学会会員以外の方は入場できません)


和歌文学会
大会
▲ pagetop
令和元年度 和歌文学会 第65回大会プログラム
令和元年度 和歌文学会 第65回大会プログラム

■日時:令和元年(2019)10月5日(土)・6日(日)・7日(月)

■会場:奈良女子大学
   〒630-8506 奈良市北魚屋西町

■《第1日目》10月5日(土)
 ▽委員会 13:00-13:50
   会場:奈良女子大学 文学系S棟1階 S128講義室
       *委員の方は昼食を済ませてご参集ください。

 ▽公開講演会 14:00~17:20(受付開始 13:00)
   会場:奈良女子大学 文学系S棟2階 S235大講義室

 〔開会の挨拶〕奈良女子大学文学部長 野村 鮎子
 〔講演〕
  ・『俊頼髄脳』の中の経信―六条源家の歌学―
   相愛大学人文学部教授 鈴木 徳男

  ・『古今集』の中の『伊勢物語』
   関西大学名誉教授   山本 登朗

■《第2日目》10月6日(日)
 ▽研究発表会
   会場:奈良女子大学 文学系S棟2階 S235大講義室

 [午前の部]9:30~12:00(受付開始 9:00) 
  1 歌句「いづこをはかと」の詠作史―『長恨歌』摂取の可能性の検討―
    京都女子大学(院) 近江兄弟社中学校 北條 暁子

  2 『新撰和歌』巻三の配列について
    暁星高等学校 青木 太朗

  3 宮内庁書陵部蔵『萬葉』について―仙覚寛元本と文永本の間に―
    奈良女子大学 古代学・聖地学研究センター協力研究員 樋口 百合子
  
  4 後撰和歌集の勅撰性について
    武庫川女子大学名誉教授 徳原 茂実

 [午後の部]13:00~15:30
  5 連歌師と和歌 ―『東国紀行』を手がかりとして―
    お茶の水女子大学(院) 日本学術振興会特別研究員 浅井 美峰

  6 後水尾院と『三体詩』
    神戸学院大学 中村 健史

  7 『二編歌集類語』をめぐって―小山田与清編「群書捜索目録」の検索意識―
    国文学研究資料館プロジェクト研究員  梅田  径

  8 吉井勇の幻の歌集『神杉』と〈決戦歌集〉
    元慶應義塾大学 田坂 憲二

 ▽総会 15:30~16:30
 〔閉会の挨拶〕代表委員・鶴見大学 中川 博夫

■《第3日目》10月7日(月)文学踏査(和歌文学会会員のみ)
  近鉄奈良駅~恭仁京跡・山城国分寺跡~《バス》~
  井手町山吹ふれあいセンター・井手寺跡・井手の玉川・小野小町塚・蛙塚・六角井戸(散策)
  ~《バス》~酬恩庵一休寺(精進料理のお弁当の昼食と拝観)
  ~《バス》~近鉄新田辺駅(14時頃)~《バス》~近鉄奈良駅(14時40分頃、解散予定)
大会
▲ pagetop
【予告】和歌文学会大会・文学踏査のお知らせ


今秋開催される和歌文学会大会(於奈良女子大学)の最終日(10月7日)に
以下の要領にて文学踏査が実施されます。奮ってご参加ください。
申込方法につきましては、追ってご案内します。


《文学踏査についてのご案内》
―木津川流域および南山城の和歌ゆかりの地をめぐる―

 京と奈良をむすぶ南山城一帯の歴史は古く、多くの史蹟や寺社があります。
今回はそのなかから和歌ゆかりの地を中心にめぐります。木津川とその流域は、
「いづみ川」「みかの原」と呼ばれた歌枕であり、かつて恭仁京・山城国分寺
がありました。橘諸兄ゆかりの井手寺跡・六角井戸、井手の玉川・小野小町塚・
蛙塚などを散策したのち、金春禅竹・村田珠光とゆかりが深く、連歌師宗長も
訪れた、京田辺の酬恩庵一休寺を拝観。公共交通機関の便がよくない場所を貸
切バスでまわります。この機会にふるってご参加ください。

実施日:10月7日(月)
集 合:近鉄奈良駅 午前九時
旅 程:
 近鉄奈良駅~《バス》~恭仁京跡・山城国分寺跡~《バス》~
 井手町山吹ふれあいセンター・井手寺跡・井手の玉川・小野小町塚・蛙塚・六角井戸(散策)
 ~《バス》~酬恩庵一休寺(精進料理のお弁当の昼食と拝観)~《バス》~
 近鉄新田辺駅(一四時頃)~《バス》~近鉄奈良駅(14時40分頃、解散予定)
参加費:7000円(予定)
大会
▲ pagetop
■【新着】令和元(2019)年度和歌文学会第65回大会研究発表者の募集

和歌文学会第65回大会は、以下のとおりに行われます。
つきましては、研究発表者を募集いたしますので、ご希望の方は事務局宛に郵便
または電子メールの添付ファイル(テキスト、ワード、一太郎何れも可)
にてお申し込みください。

〈日程〉第1日 10月5日(土)講演会・懇親会
    第2日 10月6日(日)研究発表会・総会
    第3日 10月7日(月)文学踏査

〈会場〉奈良女子大学 〒630-8506 奈良市北魚屋東町

〈研究発表の申込要領〉
 *発表題目、要旨(800字以内)に、住所、氏名(フリガナ)、所属を明記してください。
 *発表時間は25分、質疑応答は5分です。

 ※申込期限:令和元年7月10日(水)必着
 ※宛  先:〒230-8501 横浜市鶴見区鶴見2-1-5 鶴見大学6号館
       中川博夫研究室内 和歌文学会事務局 wakabun☆tsurumi-u.ac.jp
      (☆を@に変えてください)
大会
▲ pagetop