FC2ブログ
【新着】平成30年度 和歌文学会第64回大会のお知らせ


■期日:平成30年10月6日(土)・7日(日)・8日(月)
■会場:國學院大學渋谷キャンパス2号館

■《第1日目》10月6日(土)
 ▽委員会 12:50-13:50
   会場:國學院大學渋谷キャンパス2号館2102教室
       *委員の方は昼食を済ませてご参集ください。

 ▽公開講演会
   会場:國學院大學渋谷キャンパス2号館2104教室 14:10-17:20(受付開始 13:00-)

    鴨長明の旅と和歌                      
    元日本大学教授   辻  勝美
                 
    物語中和歌の増減と表現の異同 ―狭衣物語を中心に―
    國學院大學名誉教授 豊島 秀範

    『平家物語』の表現―「叙事に泣く」ということ―
    松尾 葦江

 ▽懇親会 18:00-19:30
   会場:國學院大學カフェラウンジ若木が丘
   会費:一般 5,000円 院生・学生 2,000円

■《第2日目》10月7日(日)
 ▽研究発表会
   会場:國學院大學渋谷キャンパス2号館2104教室

 [午前の部]10:00-11:45(受付開始 9:30-)
  1 延喜十三年藤原満子四十賀屏風攷                
   早稲田大学大学院 荒井 洋樹

  2 『発心和歌集』歌の典拠について ―四一番歌と四三番歌に注目して―
   大阪大学日本語日本文化教育センター非常勤講師 フィットレル・アーロン

  3 元永元年十月二日内大臣忠通歌合考
   龍谷大学非常勤講師 溝端 悠朗

 [午後の部]13:00~15:40
  4 藤原定家最晩年の感懐 ―『名号七字十題和歌』の述懐歌から―     
   早稲田大学 兼築 信行

  5 文明十三年着到千首をめぐって ―「着到」と「続歌」の再考― 
   慶應義塾大学大学院 川上  一

  6 『古秘抄』と宗祇流
   中京大学 小髙 道子

  7 国人領主の古今伝受―摂津国人能勢頼則場合―
   帝塚山学院大学名誉教授 鶴﨑 裕雄

 ▽総会15:50~16:50

■《第三日目》10月8日(月)実地踏査
  國學院大學博物館・塙保己一資料館・白根記念渋谷区郷土博物館・文学館


和歌文学会事務局
〒194-8610
東京都町田市玉川学園6-1-1 玉川大学
大学研究棟2014 中田幸司研究室内
http://wakabun.jp/
E-mail wakabun.tmgw☆gmail.com
大会
▲ pagetop
【新着】大会ご参加に関するお願い

 *先般お送りしました大会のご案内に参加申込及び諸費用振込の期限が記されていませんでした。
  お詫び申し上げますとともに、以下の要領にてお申し込み、お振り込み下さいますようお願い申し上げます。

[参加申込について]
 参加申込ハガキに必要事項をご記入の上、9月15日(土)までにご投函ください。

[参加に関わる費用について]
 資料集代、懇親会費用(参加者のみ)、昼食費(7日・研究発表会・必要な方のみ)のお振り込みの手続きを
 9月15日(土)までにお済ませください。
 (なお、年会費は口座が異なります。大会用の振替用紙は使用しないでください)

   口座番号:00110―9―420955
   加入者名:和歌文学会第64回大会運営委員会
大会
▲ pagetop
【新着】大会中の託児所のご案内

第64回和歌文学会大会の会場となる國學院大學内において、託児所を開設する予定です。
育児中の会員でも大会に参加できるように、一つの試みとして、保育業者に依頼して、開設したいと考えております。
託児所の開設時間は、大会1日目(10月6日)の講演会と2日目(10月7日)の研究発表会時間中です。場所は、講演会・研究発表会近くの教室(2102教室)を予定しております。
同封大会参加確認葉書にて、保育が必要な人数と、各児童の年齢を記入の上、9月1日(土)までに投函してください(業者に人数を知らせる必要があります)。
通常の大会参加申込締切より早いため、ご注意ください。
大会
▲ pagetop
【急告】和歌文学会第64回大会発表者募集

和歌文学会第64回大会における発表者の受付の締切日を7月7日(土)まで延期いたします。
ご希望の方は事務局宛に郵便もしくは電子メールの添付ファイル(ワード、一太郎、テキス
ト何れでも可)にてお申し込みください。

 〈日程〉第1日 10月6日(土) 講演会・懇親会
     第2日 10月7日(日) 研究発表会・総会
     第3日 10月8日(月) 文学踏査
 〈会場〉國學院大學渋谷キャンパス(渋谷駅から徒歩13分・バス5分)

*研究発表の申込要領
  ◎発表題目・要旨(800字以内)に、住所・氏名(フリガナ)・所属を明記して下さい。
  ◎発表時間は25分、質疑応答は5分です。

*郵便の場合
  〒194-8610
  東京都町田市玉川学園6-1-1
  玉川大学 大学教育棟2014 中田幸司研究室内
  和歌文学会事務局

*電子メールの添付ファイルの場合
 wakabun.tmgw☆gmail.com
  ☆を@に変えてください。
大会
▲ pagetop
【大会】平成29年度 和歌文学会大会第63回プログラム・ご案内
*先般送付いたしました大会プログラム中、濱田美枝子氏の発表題目の副題に誤りがありました。
 発表者の濱田氏ならびに会員の皆様には謹んでお詫び申し上げます。

期日 平成29年10月21日(土)・22日(日)・23日(月)
会場 宮崎市民プラザ(宮崎空港からバスで25分・宮崎駅・南宮崎駅からバスで10分)
          (案内図・バス時刻表参照)
《第一日目》10月21日(土)
○委員会(12時~13時) 宮崎市民プラザ 四階 大会議室
受付開始(12時30分)
○基調講演・シンポジウム(13時30分~17時)宮崎市民プラザ・オルブライトホール
開会の辞(13時30分)               宮崎県知事  河野 俊嗣
基調講演「若山牧水のあくがれ―その歌言葉と韻律の特色」
        歌人・若山牧水記念文学館館長 伊藤 一彦
シンポジウム「古典和歌と近現代短歌―研究と実作―」
パネリスト 伊藤 一彦・ 俵 万智 (歌人)・ 小島 なお(歌人)
      内藤 明(歌人・早稲田大学)・永吉 寛行(神奈川県立上溝南高等学校)
司会 兼築 信行(早稲田大学)
○高千穂神楽上演(18時~18時45分)宮崎観光ホテル(案内図参照)
○懇親会(19時~21時)    同会場
                                                                     
《第二日目》10月22日(日)
○研究発表会・総会     会場:宮崎市民プラザ 4階 ギャラリー1・2
▽午前の部(9時30分~12時)(受付開始9時) 
歌人五島美代子の表現形式 ―定型の超克と新しい律への飛翔―
                          日本女子大学大学院 濱田 美枝子
遍昭の和歌表現が与えた影響について―平安末から鎌倉初期を中心に―
                          淡江大学 山下 文
『信明集』恋愛歌の物語的配列について        
                          日本女子大学学術研究員 曾和 由記子
新撰和歌の編纂における一方法―「音にのみ菊の白露」歌の解釈をめぐって―
                          大阪女子短期大学 水谷 隆
▽昼食・休憩(12時~13時)
▽午後の部(13時~15時20分)
資賢と頼政―『入道大納言資賢集』の贈答歌をめぐって―
                          早稲田大学大学院 穴井 潤
歌人藤原忠良について                
                          早稲田大学大学院 米田 有里
「正治初度百首」再考― 新出「射山百首和謌」(林原美術館蔵)より ―
                          岡山理科大学 山崎 桂子
建保三年『内裏名所百首』小考            
                          岡山大学   田仲 洋己
▽総会(15時30分~16時30分)
 閉会の辞                      玉川大学 中田幸司
○図書展観(9時~16時30分)会場:小会議室

《第三日目》10月23 日(月)
○実地踏査(宮崎県内文学散歩)宮崎市民プラザ(8時30分発)→若山牧水記念文学館・牧水生家・牧水庵(昼食)→青島神社(16時30分宮崎空港到着予定)
平成29年度 和歌文学会第63回大会のご案内
拝啓 時節柄ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
 さて、このたび和歌文学会第63回大会を、宮崎市民プラザを会場として開催することになりました。つきましては、奮って多数ご参加くださいますようここにご案内申し上げます。                                   敬具
     平成29年9月1日
会員各位
和歌文学会事務局
〒194-8610 東京都町田市玉川学園6-1-1 玉川大学大学研究棟2014 中田幸司研究室内  http://wakabun.jp/
E-mail wakabun.tmgw☆gmail.com
【大会ご参加のお願い】
○参加申込について
 同封の参加申込葉書に必要事項を記入の上、9月20日(水)必着にてご投函ください。

○参加に関わる費用について
 左記をご参照の上、資料集費用、懇親会や実地踏査にご参加の方はその費用、及び必要とする昼食費を、同封の振替用紙にて、9月20日(水)までにご送金下さい。(なお、年会費は口座が異なりますので、この振替用紙は使用しないでください。)

・口座番号:01750―6―168890  名称:和歌文学会第六十三回大会運営委員会

・講演・シンポジウム・研究発表資料集(一部1000円)
・懇親会費(一般7000円、大学院生・学部生4000円)
・第一日目委員会昼食費(1000円・委員の方のみ)
・第二日目昼食費(1000円)
・第三日目実地踏査(宮崎県内文学散歩)参加費(6000円)
(*いずれも、葉書による事前申込及び費用送金を原則とさせていただきます。)

○宿泊施設について
 大会開催校・事務局では用意しておりませんので、各自でご予約ください。会場周辺にも多数宿泊施設がございますが、観光シーズンのため早めのご予約をお勧め致します。
○会場について
 会場案内図と宮崎空港からの交通アクセス案内を添えましたのでご参照下さい。
○出張依頼状について
 出張依頼状をご希望の方は、お名前・ご所属・依頼状宛先等必要事項を明記の上、事務局まで返信用封筒を同封して書面にてお申し込みください。
○お問い合わせ
 ご不明な点がございましたら、開催担当校・宮崎大学・中村佳文宛にメールにてお問い合わせください。
               開催担当校:宮崎大学教育学部国語教育講座
               住所:〒889―2192 宮崎市学園木花台西1―1
               連絡先:中村佳文(nakabun☆cc.miyazaki-u.ac.jp)
大会
▲ pagetop
2017年度 和歌文学会大会 研究発表者の募集
【急告】和歌文学会第63回大会発表者受付の締切日を6月30日(金)まで延期いたします。
     事務局までふるってご応募ください


2017年度和歌文学会第63回大会は、下記のとおりに行われます。
つきましては、研究発表者を募集いたしますので、ご希望の方は、事務局宛に
郵便もしくは電子メールの添付ファイル(ワード、一太郎、テキスト何れでも可、
アドレス:wakabun.tmgw☆gmail.com)にてお申し込みください。

  〈日程〉
   第1日 10月21日(土)公開シンポジウム・懇親会
   第2日 10月22日(日)研究発表会
   第3日 10月23日(月)文学散歩

  〈会場〉
   宮崎市民プラザ
    *宮崎空港・宮崎駅からバスで10分から15分

  〈研究発表の申込要領〉
   ・発表題目、要旨(800字以内)に、住所、氏名(フリガナ)、所属を明記してください。
   ・発表時間は25分、質疑応答は5分です。

    *申込期限 :2017年6月24日(土)【必着】
    *郵便の宛先:〒194-8610 町田市玉川学園6-1-1
            玉川大学 大学教育棟2014 中田幸司研究室内
            和歌文学会事務局
            wakabun.tmgw☆gmail.com
大会
▲ pagetop
【大会】大会案内
平成29年度大会予定

2017/10/21~22
会場 宮崎市民プラザ
大会
▲ pagetop
【大会】和歌文学会第62回大会
和歌文学会第62回大会

日時 平成28年10月8日(土)~9日(日)

会場 東京大学本郷キャンパス 東京都文京区本郷7-3-1

  日程

第一日 10月8日 受付開始 13時30分より
委員会 12時30分より 会場 法文2号館中2階 教員談話室

公開講演会  14時より 会場 法文2号館2階 一番大教室
開会の辞                           東京大学 渡部泰明
「ありのすさび」―詩(うた)のさかえぬ国の歌ことばー       東京大学教授 藤原克己
榊原忠次・政房の池之端屋敷―林家・脇坂安元・松平忠房などとの文学交流の場―
                           青山学院大学教授 廣木一人
後鳥羽院と定家と順徳院-「有心」の定位をめぐってー 
                 国文学研究資料館・総合研究大学院教授 寺島恒世

懇親会 18時より   会場 第二食堂(会費5000円 学生3000円)


第二日 10月9日 受付開始 9時30分より
研究発表会                  会場 法文2号館2階 一番大教室
歌ことばを視座におく高校古典の可能性―新しい必履修科目「言語文化(仮称)」を見据えて―
                      玉野市立玉野備南高等学校 三谷昌士
業平享受史の再検討―典拠としての伊勢物語をめぐってー
                       和洋女子中学・高等学校 上野正史
『源氏物語』の贈答歌―光源氏と六条御息所の贈答歌を例としてー
                          東京大学(院) 北原圭一郎
《昼食・休憩》
『「別本」童蒙抄』考                  京都学園大学(非) 濵中祐子
『西行上人談抄』の「詞の寄せ」―「四条大納言」の発言を起点としてー
                           北海学園大学(非) 木谷満
庭田経有考―室町前期歌人伝の一考察―         日本大学(非) 鹿野しのぶ
「左は内の御歌なりけり、まさに負けむやは」―亭子院歌合における二、三の問題―
                          都留文科大学(名) 久保木哲夫

総会  15時20分より
閉会の辞                      代表委員 日本大学 辻 勝美


資料集(1000円)、懇親会費(一般5000円 院生・学生3000円)、
2日目弁当代(1000円)をご希望の方は、下記口座にご送金ください。
(学会費納入には使えません)

00110-0-767202 平成28年度和歌文学会大会準備委員会
大会
▲ pagetop
【大会】大会初日の交通手段についてのお願い
   「大会初日の交通手段についてのお願い」

平成27年度大会初日(10月10日(土))、岡山大学津島キャンパスでは
ほぼ同じ時間帯に他に2つの学会が開催され、岡山駅西口から
岡山大学方面に向かう乗合バスの混雑が見込まれます。

バス会社の方でも臨時バスを手配してくださる予定ですが、
JR津山線の御利用も御検討ください。

岡山駅から一駅目(所要時間3分)の法界院駅で下車後、
徒歩15~20分程度で会場に着きます。

当日は、岡山駅12:15発、13:05発、14:05発の列車があり、
すべて法界院駅に停まります。

岡山駅の発車ホームは9番線です。

法界院駅からの道筋については、会員の皆様にお送りした「交通案内」を御参照ください。


和歌文学会会場校担当者
大会
▲ pagetop
【大会】平成二十七年度 和歌文学会大会プログラム
 平成二十七年度 和歌文学会大会プログラム 

会場  岡山大学 津島キャンパス
    文学部・法学部・経済学部講義棟二〇番講義室
住 所  〒七〇〇‐八五三〇 岡山市北区津島中三‐一‐一
連絡先  岡山大学文学部 田仲洋己
Eメール tana☆okayama-u.ac.jp

《第一日》 十月十日(土)
受付開始(十三時三十分)
委員会(十三時~十四時)会場 文学部・法学部・経済学部一号館 文学部会議室
開会の辞(十四時三十分)                  岡山大学文学部長  金関  猛

■学会創立六十周年記念シンポジウム(十四時四十分~十七時三十分)
 「和歌を学び、教えるということ」
   〔司会〕                          暁星中学・高等学校  青木 太朗
   〔パネリスト報告〕
                                        東京大学  渡部 泰明
                                        筑波大学  石塚   修
                                米子工業高等専門学校  渡辺   健

■懇親会(十八時三十分~二十時三十分)会場 リーセントカルチャーホテル
   〒七〇〇‐〇〇一一 岡山市北区学南町一‐三‐二  電話〇八六‐二五三‐二二三三

《第二日》 十月十一日(日)
受付開始(九時三十分)

■研究発表会〈午前の部〉(十時〇〇分~十二時〇〇分)
  藤原顕季の本歌取り意識―『萬葉集』と『伊勢物語』を中心に―
                                 慶應義塾大学大学院生  田口 暢之
  藤原定家による集付の意義               京都府立大学大学院生  南谷 静香
  藤原定家の詠作から見る『狭衣物語』摂取             金光学園TA  江草弥由起

昼食・休憩(十二時〇〇分~十三時〇〇分)

■研究発表会〈午後の部〉(十三時〇〇分~十五時三十五分)
  「旧派」歌人の出版戦略――大日本歌道奨励会と幹事大町壮(五城)をめぐって
                                        桃山学院大学  松澤 俊二
  『拾遺和歌集』冬部の構造―『拾遺抄』との比較から―
                                  二松学舎大学大学院生  松本  陸
  河原院の歌人達の和歌序―歌会の序と百首歌の序―
                                   京都大学非常勤講師  山本真由子
  『古今六帖』版本本文を遡る――『歌枕名寄』との関わりから――
                                         同志社大学  福田 智子

■総会(十五時三十五分~十六時〇五分)
閉会の辞(十六時〇五分)                 代表委員 日本大学教授  辻  勝美

《第三日》十月十二日(月・祝日)
■実地踏査(岡山周辺文学散歩)
岡山大学文学部(八時十五分発)→リーセントカルチャーホテル(八時二十分発)
→岡山駅西口(八時三十分発)→吉備津彦神社・藤原成親供養塔→吉備津神社・鳴釜神事参列
→横溝正史疎開宅→薄田泣菫生家→藤戸寺・藤戸古戦場跡→熊野神社・後鳥羽上皇供養塔
→渋川海岸・西行歌碑→岡山駅(十八時三十分帰着予定)

大会
▲ pagetop