【例会】和歌文学会7月例会のお知らせ
和歌文学会7月例会のお知らせ

一、日時 2014年7月19日(土)13時30分より

二、会場 二松学舎大学九段キャンパス3号館2階3021教室
   東京メトロ東西線「九段下」駅2番出口を出て直進、
   九段坂上の交差点の左手に見える建物。駅より徒歩8分。
  
三、研究発表

  〈発表特集〉「和歌注釈の現在」

1  小沢蘆庵の家集をめぐる諸問題  ―近世和歌注釈への一視座―
                 豊田工業高等専門学校    加藤 弓枝氏

2  中世和歌注釈の課題処々         鶴見大学    中川 博夫氏

3 「たなばた」 ─語義の変容─
                      都留文科大学(名)  久保木哲夫氏

○研究発表終了後、委員会が開催されます。
例会
▲ pagetop
【例会】和歌文学会関西7月例会(第115回)のお知らせ
和歌文学会関西7月例会(第115回)のお知らせ

一、日時 2014年7月5日(土)午後2時より

一、会場 神戸女学院大学 文学館L-28
     阪急今津線門戸厄神駅から徒歩12分。タクシーを
     利用される場合は、阪急西宮北口駅北改札口の
     出口(北西口)からが便利です。

一、研究発表

 物名歌の位相             京都府立大学(院) 南谷静香氏

 平安時代の『万葉集』の抄出本について―『人麿集』を中心に―
                          洛星中・高校 景井詳雅氏

 真観の私家集書写活動              関西大学 田中登氏

  ※研究発表終了後、懇親会を開催します。(門戸厄神駅前)
例会
▲ pagetop