スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
▲ pagetop
【大会】平成24年度和歌文学会 第58回大会
期日:平成24年10月13日(土)・14日(日)
会場:二松學舍大学九段校舎
(東京メトロ東西線・東京メトロ半蔵門線・東京都営新宿線九段下駅徒歩8分、JR中央線、東京メトロ・東京都営地下鉄線市ヶ谷駅下車徒歩15分)

第1日:10月13日(土)
12:00~13:30 委員会 二松學舍大学九段校舎1号館11階会議室
 ※委員の弁当代1000円は当日お支払いいただきます。
13:00 受付開始  会場:二松學舍大学九段校舎1号館地下2階中洲講堂
14:00 開会の辞・会場校挨拶  二松學舍大学学長 渡辺 和則
14:10~17:30 公開講演会
     小沢蘆庵の和歌  国文学研究資料館教授 鈴木 淳
     古代和歌の定型と表現  東京大学名誉教授 鈴木 日出男
18:00~20:00 懇親会
     会場:二松學舍大学九段校舎1号館13階ファカルティラウンジ 会費6000円

第2日:10月14日(日) 
9:00 受付開始 会場:二松學舍大学九段校舎1号館地下2階中洲講堂
9:30~12:30 研究発表
    『順集』の「うたの序」―源順における仮名序と詩序―
      京都大学大学院博士後期課程 山本 真由子
    『安法法師集』四九番歌における「ひこの少将」―源時中と資子内親王負態扇歌―
      東洋大学人間科学総合研究所客員研究員 古田 正幸
    平安朝の和歌と装束―歌絵を考える一資料として―
      国文学研究資料館特任助教 森田 直美
    歌人式子内親王の揺籃期をめぐって
      日本学術振興会特別研究員 高柳 祐子
    『俊成五社百首』における詠歌の発想
      関西大学非常勤講師 福留 瑞美
12:30~13:30 休憩
13:30~16:00 研究発表
    亀山殿造営の詠歌表現への影響
      東京大学大学院博士課程 石井 悠加
    伝海北友雪筆『東北院職人歌合』をめぐって
      目白大学 石澤 一志
    陽明文庫蔵宋雅百首について
      神戸女学院大学 藏中 さやか
    宮内庁書陵部蔵『歌書目録』収載の私家集群について
      龍谷大学仏教文化研究所研究員 酒井 茂幸
16:00~17:00 総会
    閉会の挨拶  和歌文学会代表委員 針原 孝之
大会
▲ pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。