FC2ブログ
【新着】平成30年度 和歌文学会第64回大会のお知らせ


■期日:平成30年10月6日(土)・7日(日)・8日(月)
■会場:國學院大學渋谷キャンパス2号館

■《第1日目》10月6日(土)
 ▽委員会 12:50-13:50
   会場:國學院大學渋谷キャンパス2号館2102教室
       *委員の方は昼食を済ませてご参集ください。

 ▽公開講演会
   会場:國學院大學渋谷キャンパス2号館2104教室 14:10-17:20(受付開始 13:00-)

    鴨長明の旅と和歌                      
    元日本大学教授   辻  勝美
                 
    物語中和歌の増減と表現の異同 ―狭衣物語を中心に―
    國學院大學名誉教授 豊島 秀範

    『平家物語』の表現―「叙事に泣く」ということ―
    松尾 葦江

 ▽懇親会 18:00-19:30
   会場:國學院大學カフェラウンジ若木が丘
   会費:一般 5,000円 院生・学生 2,000円

■《第2日目》10月7日(日)
 ▽研究発表会
   会場:國學院大學渋谷キャンパス2号館2104教室

 [午前の部]10:00-11:45(受付開始 9:30-)
  1 延喜十三年藤原満子四十賀屏風攷                
   早稲田大学大学院 荒井 洋樹

  2 『発心和歌集』歌の典拠について ―四一番歌と四三番歌に注目して―
   大阪大学日本語日本文化教育センター非常勤講師 フィットレル・アーロン

  3 元永元年十月二日内大臣忠通歌合考
   龍谷大学非常勤講師 溝端 悠朗

 [午後の部]13:00~15:40
  4 藤原定家最晩年の感懐 ―『名号七字十題和歌』の述懐歌から―     
   早稲田大学 兼築 信行

  5 文明十三年着到千首をめぐって ―「着到」と「続歌」の再考― 
   慶應義塾大学大学院 川上  一

  6 『古秘抄』と宗祇流
   中京大学 小髙 道子

  7 国人領主の古今伝受―摂津国人能勢頼則場合―
   帝塚山学院大学名誉教授 鶴﨑 裕雄

 ▽総会15:50~16:50

■《第三日目》10月8日(月)実地踏査
  國學院大學博物館・塙保己一資料館・白根記念渋谷区郷土博物館・文学館


和歌文学会事務局
〒194-8610
東京都町田市玉川学園6-1-1 玉川大学
大学研究棟2014 中田幸司研究室内
http://wakabun.jp/
E-mail wakabun.tmgw☆gmail.com
大会
▲ pagetop