FC2ブログ
【和歌文学研究者 著書紹介】
和歌文学研究者 著書紹介

井上 宗雄(いのうえ むねお) 
1926年10月10日〜2011年3月18日。東京生まれ。立教大学名誉教授(元文学部教授)、元早稲田大学教授。

《主要著書》

『中世歌壇史の研究 室町前期』 風間書房 1961年 改訂新版1984年
『中世歌壇史の研究 南北朝期』 明治書院 1965年 改訂新版1986年
『中世歌壇史の研究 室町後期』 明治書院 1972年 改訂新版1987年
『平安後期歌人伝の研究』 笠間書院 1978年 増補版 1988年
『鎌倉時代歌人伝の研究』 風間書房 1997年
『句集 黄落の季』 角川書店 1997年

『百人一首を楽しくよむ』笠間書院 2003年
『京極為兼』人物叢書 吉川弘文館 2006年
訳注『増鏡』 講談社学術文庫 講談社 1979〜1983年
『和歌典籍俳句』 笠間書院 2009年

《論文紹介》

「和歌の実用性と文芸性」(藤平春男編『和歌の本質と表現(和歌文学講座)』勉誠社 1993年)、
のち、井上宗雄『中世歌壇と歌人伝の研究』笠間書院 2007年に収録。

「量産の文芸―短歌・俳句はどのくらい創られたか」(『学燈』91-9号 1994年9月)、
のち、井上宗雄『和歌 典籍 俳句』笠間書院 2009年に収録。

「和歌史の構想」(兼築信行 田渕句美子編『和歌を歴史から読む』笠間書院 2002年)、
のち、井上宗雄『書架解体 王朝和歌から中世和歌へ』青簡社 2010年に収録。


その他
▲ pagetop