FC2ブログ
令和2年度和歌文学会 第66回大会日程


【お知らせ】
新型コロナウィルスに関わる状況を考慮し、本大会は左記の通りといたします。
ご理解のほど、お願い申し上げます。
一、講演会、研究発表会共に、参加は葉書にて事前申し込みされた和歌文学会会員に
限らせていただきます。
一、一般の方の会場への入場はできません。
一、第1日の懇親会、第2日の昼食のご提供を共に中止とさせていただきます。
第2日にご参加の方はご注意ください。


■日時:令和2年(2020)11月21日(土)・22日(日)

■会場:鶴見大学

■《第1日》11月21日(土)
 *委員会 12:00-13:00
   会場 鶴見大学記念館(2階)第一講堂
   ※委員の方は昼食を済ませてご参集ください。

 *講演会(受付開始 11:50)
   会場:鶴見大学記念館(地下2・3階)記念ホール

  開会の挨拶(13:10) 鶴見大学
  講演(13:20~17:00)
  望郷の歌―『平家物語』の一側面をうかがう―
     駒澤大学教授 櫻井 陽子

  中国文学から見た和歌の位相
     京都大学名誉教授 金 文京

  散文における贈答歌―贈歌論構築のために―
     日本女子大学名誉教授 高野 晴代


■《第2日》11月22日(日)
 *研究発表会(受付開始 10:00)
   会場:鶴見大学記念館(地下2・3階)記念ホール

(午前の部10:30~12:00)
  1 禁裏着到和歌の成立―室町和歌史一端―
      慶應義塾大学(院) 川上 一

  2 『雲玉和歌抄』の編者衲叟馴窓の輪郭―前半生を中心に―
      東京外国語大学(院) 二階 健次

  昼休憩(12:00~13:00)

(午後の部13:00~14:30)
  3 惟明親王の古歌摂取の方法―『千五百番歌合』の四季歌を中心として―
      広島大学(院) 北原 沙友里

  4 『尊守・知心歌合』の新出断簡をめぐって
      早稲田大学 兼築 信行

 *総 会(14:40~15:30)

  閉会の挨拶                             代表委員

  ※大会中、委員選挙を行います(投票時間:第1日 11:50~第2日 11:50)。


  対面形式の大会は中止となりましたが、講演・研究発表は、資料集を以て行われたものとします。
  
                 和歌文学会




大会
▲ pagetop